僕とクラフトビール

仕事と本と映画、クラフトビールについて書いてます

8時間はおろか6時間も寝れない!細切れの睡眠時間で生きるしかない

こんにちは。毎日布団で4時間も寝れない僕です。

小学生の頃から睡眠時間が変です。

家族はまとまって寝れるのに、僕は2時間も寝れば睡眠することに飽きてきます。

 

飽きてくるんです。

飽きるんです。

そもそも8時間も布団で横になれるっておかしくないかい!??

 

という僕も1日の睡眠時間を合計すると6時間くらいは寝てる気がします。

2時間ずつ3回に分けて寝たり、1時間を3回と3時間を1回に分けて寝たりします。

 

思い返すと、睡眠時間をセパーレート(分割)して寝るようになったのは、小学生の頃から。

宿題もあれば、練習もあるし、ゲームもしたい。

 

ポケモンにハマってて、当時の忙しいスケジュールの中でどうにか時間を作ろうと思ってた。

そんな時、この睡眠時間を分割できる能力は非常にお得だった。

 

この感覚が今でもあって、睡眠時間はできるだけ自分が取りたいと思ったタイミングで取るようにしている。

 

日中であろうと、眠くなったら寝る。

夜中であろうと、目が覚めたら起きる。

 

ただ、こういう生き方をしていると、会社員だと非常に困る。

みんなと同じ時間を生きるなんてできない。

 

8時間はおろか6時間も寝れない!

睡眠時間の問題で普通に生活できない

勉強しながら寝る子ども

睡眠時間を分割してしか取れないため、普通の生活リズムで生きられない。

食事の時間も、睡眠時間も固定の時間帯に終わらせないといけない会社員ってホント自由がないと思う。

 

授業中に爆睡、仕事中に爆睡(気付いたら2時間経ってる)

こんなことが日常茶飯事だ。


おかげで、会社員として生活することに支障が出る。というか出まくりで困る。

「居眠りばっかりで勤務態度が悪いから」という理由で、ボーナスを減らされたこともある。

 

僕:「任された仕事は全部終わってるんですけど。。。」

この意見は完全にスルーされる。

それほどに会社勤めは、みんなとの協調性にフォーカスされてる。とてつもなく生き辛かった。

 

フリーランスになって良くなってきた 

仕事のデスクで寝る社会人

フリーランスになってからは

  • 勤務時間よりも成果物ができているかどうか
  • 自宅で作業できる仕事が増えた

 

この2つのおかげで、生活はかなり良くなってきた。

自宅で作業できるのが、本当に嬉しい(2時〜5時で仕事をすることもできる!

 

とは言っても、まだ客先に行くこともあるし、たまに行く慣れないオフィスは人が多すぎて精神的に困ってしまう。

2020年からは完全自宅で仕事ができるようにしようと思っている。

 

さいごに

僕と同じように睡眠時間をまとまって取れない人も多いと思う。

僕のように2時間だけみたいな極端に少ない人はあまりいないだろうけど(笑)

 

でも、そういう風に生活リズムが周りと違う人も生きやすい社会になるといいなって思う。 

食事の時間も睡眠時間も個人の自由でもっと選べるような働き方へ。

 

そのために、今日も仕事を頑張ります。