僕とクラフトビール

仕事と本と映画、クラフトビールについて書いてます

【生き方】自己防衛おじさんのTVCMデビューに見るSNS時代の働き方

こんにちは。最近TVCMはYouTubeで見るのが一般的な僕です。

何年か前にTVインタビューで話題になった「自己防衛おじさん」が、とうとうTVCMデビューしましたね。

異世界おじさんという角川の漫画のCMらしいです。

 

Twitter上では、色々なネタ画像になり、ポプテピピックや賭博黙示録カイジ並みのポジションに来ていた。

 

そんな自己防衛おじさんもとうとうTVCMデビュー。

当然のように、Twitterではリツイートされまくり、ネットニュースにまとめられるほどに。

 

司馬懿:「待て。あわてるな。これは公明の罠だ。」

公明

角川さん、すごい策士。

Twitter文化を把握して戦略を打ってきました。

 

「異世界おじさん、すごい売れるだろうな」というのは、一旦横に置いておきましょう。

今回すごいのは、元々知らなかった人にまで認知するような作戦を仕掛けてきたことです。

 

Twitterという拡散力が一番あるSNSを使って、既存顧客の外にいる人にまでアプローチしてます。

結果、漫画のタイトルさえ聞いたことなかった僕でも、漫画のタイトルを覚えてしまいました(笑)

 

Twitterで認知度があるほうがこれからの時代は稼げるよ

さて、企業がこういうマーケティング、広告をするということは、これからの時代、普通に働いてるだけじゃ仕事で稼げないです。

 

どんなに学歴が良くても、大手企業に入っても、稼げる仕事はゲットできない。

逆に、大手企業に勤めてなくても、Twitterのフォロワーが10万人いるほうが、圧倒的に価値がある時代になっています。

もしくは、SNS上で顔と名前が売れてる人になることのほうが、価値があります。

 

例えば、フォロワーが10万人いるだけで金持ちになれる

Twitterを頑張る男性

例えば、フォロワー10万人の全員から1,000円ずつ募金してもらったら、それだけで1億円です!

1億円です!!

 

全員が全員募金してくれるとは限らなくても、繋がりが濃いフォロワーが多ければ有り得る数字です。

 

例えば、倉持由香@ グラドル自画撮り部部長 (@yukakuramoti) | Twitterやしろあずき (@yashi09) | Twitterのように反応の良いファンが多ければ、かなり豊かな生活ができます。

 

さいごに

これからの時代は、学歴や大手企業よりもSNSや認知度がある人のほうが圧倒的に稼げます。

そして、認知度を上げるのは、社会に出てからの努力次第です。 

SNSでもちょっと前まで話題だったオンラインサロンでも、何でも方法はあります。

 

SNSで認知度があれば、稼げるだけでなく、転職などでも有利になるそうです。

実際、Twitter経由から転職をする人やヘッドハンティングされる人が増えています。

 

会社で真面目にデスクワークするより、自分の認知度を上げる努力する時代になってきましたね。