僕とクラフトビール

仕事と本と映画、クラフトビールについて書いてます

【フリーランス】スマホの存在。数年の差が大きい。

こんにちは。スマホはiPhoneが好きな僕です。

不思議だなと感じた最近の話です。

 

5歳ほど離れた友人がいます。

この5歳の差が非常にと大きく感じる。

 

というのも、たった5歳の差しかないのに

  • 僕はパソコンが使えて、彼はパソコンが使えず。
  • 彼は基本スマホだけで仕事を完結しようとする。

 

最初の思考のステップが違う

f:id:paychan:20191105225304j:image

思考の最初のステップが、

スマホでどう作業をするか?

になっているのです。

 

たった5歳の差しかないのに、"パソコンで"と"スマホで"の違いがあります。

この差は仕事にも大きく影響してきます。

 

例えば、僕がこの仕事は2ステップ欲しいなと感じるものも、彼からしたら1ステップで終わったり。

彼からしたら時間がかかる作業も、僕がパソコンを使えば30分で終わったり。

 

年代によってツールや環境の差が大きい

数十年前までは、年代による差があまり大きく出なかったから、日本の企業は機能していたと思います。

でも、年代によって例えのように違いがあると、同じ作業を行う・教えることが難しくなります。

 

つまり、古い流れで現場の仕事を回している会社は、徐々に淘汰されていきます。

他の企業にマーケットを取られる前に、時代の変化に追い付けずに会社が終わります。

 

さいごに

こういう流れになってくると、会社側としても雇用するメリットがなくなります。

 

雇用のメリットは、「教育して長く働ける」です。

しかし、社会人になるまでの背景の差が大きすぎると、教育することができない問題が続出します。

 

フリーランスが年々増えてきてる理由のひとつが、この問題です。

 

雇用をしていると、今までの概念の会社は存続できません。

さらに、雇用されてる人もレベルが上がりにくい状況です。

 

今はまだ平気でも今0〜10歳の子が、大人になった時に対応できるのだろうか?

日本の企業の変化の遅さ、少し致命的ではないでしょうか。