僕とクラフトビール

仕事と本と映画、クラフトビールについて書いてます

クラフトビールを取り扱うお店が増えてきたけど。。

こんにちは。やっとブログのタイトル通り、クラフトビールの話を書いている僕です。

最近クラフトビールの人気が上がっていて、置いている店舗も増えてきました。

 

クラフトビールの認知度が増してきているってことですね!

増えるのは良いことですが、ちゃんとしたお店が増えて行って欲しいです。

 

今回はクラフトビールを扱っているお店が増えてきたことについて思うことを書いていきます。

 

クラフトビールを取り扱うお店が増えてきた!

クラフトビールのお店

 

がしかし、ちゃんと管理が行き届いていないクラフトビール屋さんが多い気がします。

というのも「クラフトビール置いてます!」って看板は出ているけれども、個人的にはイマイチなお店が多いです。。。

 

泡の入れ方なのか、温度管理なのか、味がしっくり来ない!

味がクラフトビールなだけで、口触りやその他色々がまるで安い居酒屋の金麦のような感覚です...!

本当好きな僕から言うと、味が全く違います!!

 

今までクラフトビールの専門店で飲むことが多かったので、専門店は専門店の入れ方や樽の管理にこだわりがあります。

サーバー自体、そもそも良いものを使ってることもありますね。

こういう専門店で飲むクラフトビールは、めちゃくちゃ美味しいです!

 

できたら専門店と同じか、もう少し近いレベルのお店が増えていって欲しいです。

 

クラフトビール自体が集客になる

クラフトビールを取り扱うお店が増えてきた背景には、クラフトビールの人気があると思います。

 

クラフトビールは、年々減り続けているお酒の売上の中で、右肩上がりで売れているのです。

そして、認知度があり、女性客でも飲む人が増えているので、集客にも活躍しています。

でも、集客のためにクラフトビールを置いて、イマイチな味を認知させるのは嬉しくないです。

 

さいごに

人気にあやかるのは良いことですが、できるだけクオリティも高くして並べて欲しいものです。

イマイチなお店で飲むくらいなら、自宅で飲んでいるほうが圧倒的に美味しいです。

 

そのうち、ホントに美味しいクラフトビールのお店をまとめた記事を書きますね。