僕とクラフトビール

仕事と本と映画、クラフトビールについて書いてます

僕にとって飲食はタスクです

こんにちは。三度の飯より趣味に没頭する僕です。

「食事楽しんでますか?」

「味わって食べてますか?」

 

ずっと前から食べるスピードがとても速いです。

友達と食事に行くことがあるのですが、だいたい僕が5分もしないで食べ終わり、友達の食べている姿を見ながら会話します(この時間、約10分以上)。

 

このスピードで食事をしていると、だいたい友達や一緒に行った人から「味わってる?」「美味しいって思う?」など聞かれます。

美味しさは、感じています。

が、特に他人に合わせて食べることは、心がけていません。

 

では、どうして食べるスピードが速いのか?

簡単に言うと、時間がもったいないのです。

僕にとって食事はタスクです。

 

僕にとって飲食はタスクです

食事はタスク

 

僕にとって飲食はタスクであり、早く終えることにこそ価値があります。

仕事と同じです。

与えられたタスクをどれだけ早く完了できるか?です。

 

食事って調理仕立ての温かいうちに食べきるほうが美味しいです。

さらに、食事って長く時間をかけても得られるエネルギーの量は変わらないので、短いほうがお得じゃないですか。

 

飲酒も同じです。

出てきたらすぐに飲み干します。

お酒も時間が経てば経つほど、常温に近くなり、味が落ちます。美味しくないものに時間を省きたくはないです。

 

たまに、食事中に会話が弾んで、食べるのに30分以上かける人を見ます。

そういう人は、食事に対して礼儀がなっていないし、そもそも集中力の欠如なのでは?と疑います。

 

食事よりも優先してやりたいことないの?

一番思っていることは、これです。

「食事よりも優先してやりたいことないのでしょうか?」

 

1日は、どの人にも等しく24時間しかありません。

その24時間の中で、食事に3時間以上も使う価値はないですよね?

 

もっと生産性のあるものや、自分の楽しむことに時間を使ったほうが、圧倒的に効果的です。

例えば、本を読めば、知識が増え、新しい考え方や物事に気付くことができます。

自分の視野が広がって、人生楽しめるじゃないですか。

 

小学生の頃は、食事も放ったらかしで、自分の好きなことに打ち込んでいたはずです。

僕はポケモンに時間費やしていた記憶があります(笑)

 

せっかく大人になったんだから、自分が好きなことに時間を使ったほうが楽しいと思いますよ。

 

さいごに

最近だと、食事はすでにサプリメントと、プロテインだけに変えてきています。

そもそも固形物を食べると、時間かかりますからね。

炭水化物なんて食べるとインスリンの影響で眠くなります。非効率の極みです。

 

今は専ら、読書・映画、趣味、ブログ、仕事に使っていくほうが、今後の人生も面白くできます。

食事に長時間を使っているなら、まだ火を発見しなかった頃の原始人と同じですよ。