僕とクラフトビール

仕事と本と映画、クラフトビールについて書いてます

30歳からの転職のために知っておくべきこと

こんにちは。転職は数打ちゃ当たると思っていた僕です。

「転職する理由なんですか?」

 

転職が一般的になったここ数十年です。

転職する時は良くも悪くも何かを変えたいと思っていることが多いのではないでしょうか?

 

  • 給料を増やしたい
  • 勤務時間を減らしたい
  • 職場の人間関係を変えたい
  • 勤務地を近くしたい
  • やりがいを感じたい

などなど。

転職の志望理由が挙げられます。

 

さてさて、20代までは自分の志望理由だけで十分です。

30代からは、自分の志望理由があるのも大事ですが、自分が企業にどう貢献できるか?も意識する必要があります。

 

30歳からの転職

30歳からの転職

 

30歳からの転職は、20代のように自分の”やりたいことだけ”で仕事を選べません。

20代の間は、会社から教育される場が多いです。

しかし、30代からは、会社で教育する立場になります。

 

今まで自分が仕事で培ってきたこと、スキルを、次の世代に教えていくのです。

これに加えて、日々の仕事も終わらせていくことが求められます。

 

業界や個人的にスキルが高い人は、20代からやっていることなので、そこまで難しいものではありません。

 

自分の経験とスキルで何を与えられるか

例えば、システムエンジニアなら単純にプログラムを書いているだけだと仕事になりません。

  • 後輩にプログラムを教える。
  • 全体のスケジュールを考える。
  • 製作に効果的なドキュメントを残す。
  • マネジメントの管理を行う。

などなど。

成果物を作るために、企業に貢献できる幅が広がっていることが求められます。

 

30代からは、ただただ労働だけをしていては、ダメなのです。

労働だけしか出せない人は、給料がいつまでも上がらないです。

 

「収入も増やしたい!」

「好きな仕事もしたい!」

と思うなら、まずは自分が労働だけでなく、経験とスキルを次の世代に渡していくことが必要です。

 

自分の仕事に付加価値を付けていく。

20代の間に、”どれだけ経験を養っておくか”がキーになってきます。

 

さいごに

30代の友達の転職の相談に乗っていたので、今回思っていることを書いてみました。

自分のしたいことと、仕事で求められること。

この2つの折り合いを見つけて、仕事を選んで行くと上手くいく気がします。

 

前提として、30代までに仕事で求められるだけの経験とスキルを習得しておく必要がありますけどね。